債務整理の仕組み
化粧品

2010年05月15日

NHKクローズアップ現代放映の【増える美容医療】

整形手術一切しないで、顔をきれいに自然術 アンヨン経路法は<<こちら

 

当サイトだけの限定オリジナル特典をプレゼント中!
>>ご確認は悩み解決情報レビュー特典館にて

 

本日は美容医療に関してNHKクローズアップ現代で放映された
内容の一部を抜粋して紹介

 

日本の美容医療施設数が10年間で2倍に増えており、
それにともないトラブルも多くなっている・・・

 

美容医療が増えている理由】
  • 美容の悩みを抱え美容整形を望む患者の増加
  • 美容医療は自由標榜という制度で医師が施術料金を決められることによる増加
  • 医師免許さえあれば専門外の医師でも美容医療を行える制度による増加
  • 医師不足や経営難による廃業する病院の多い中、新たに美容医療科を立ち上げ、立ち直りをはかる病院が多くなった

 

【下記は今回NHKで紹介した問題ケース】
  • 簡単に見えるヒアルロン酸注入であっても本来は専門医師であっても経験や注意深い施術が必要であるにもかかわらず注入本数を増やすことで高い施術料金を請求しようとする専門外の医師が安易に注入して失敗するケース
  • 障害と認められるまぶたの垂れ下がり手術が一般医療では14万円に対し、同じ手術を目をパッチリ見せたいと美容整形を行った場合、良心的な美容外科であっても64万円
    美容整形の中では比較的簡単に行えるはずのまぶたの手術であっても失敗することもあり
    まぶたをつり上げ過ぎ閉じなくなった実例。失明の危険もあるため再度他の病院で緊急手術
  • 受け口を治すために破格の180万円で顎の手術を勧められたが失敗し、家族や彼氏にも内緒で手術したため医師を訴えることもできず自殺も考えた方の実例(この患者さんは未解決です。こんな悪徳医師は裁かれて医師剥奪にすべきです。)

 

美容医療によるトラブルはたえず、例え医師の失敗によるトラブルであっても患者さんは再治療には費用もかかり訴えることも難しく、泣き寝入りになる患者が多くいます。

 

【NHKクロージアップ現代としての結論】

 

美容医療は自由診療であり、国が統括しておらず、自費診療のため儲け主義に走る悪徳医院もある。

 

もし美容施術を受けたい場合、美容医療院は複数のカウンセリングを受けた後、十分考えた後に行うべきであり、カウンセリングもせず施術を行おうとする医院や例えばまぶたの治療に訪れた医院で鼻の治療も勧められたらその医院はやめた方が良い。

 

以上、やはり美容整形は信用のおける医院の選択とよほどの覚悟が必要ですね。

 

人気ブログランキングに参加してます。
ポチッとクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。